心臓病 を予防すために知っておきたい事をまとめました

心臓をいたわる食事と方法

心臓病も他の病気や疾患と同じで食事が原因となり起こりうる病だと言えます。そうならないためにも適切な食事方法を、身に付けなければなりません。一番気を付けたいのは血液をサラサラにする食事を摂取する事を心掛けなければなりませんよね。狭心症などは血液の循環が阻害されるために起こる症状ですからね。次に気を付けたいのは体のサイズに見合った食事を取る事です。要するに食べ過ぎは良くないという事です。肥満の人に心臓病が多いのはそのためです。

心臓病 はストレスに弱い

緊張すると心臓の鼓動が早くなった経験はありませんか?これは過度なストレスが緊張状態を生み、ホルモンを分泌するために起こる症状です。この症状は無意識に起こる事もあり心臓に負担をかけ続けるのでとても危険です。仕事熱心や責任感の強い人に多々見られる傾向にあります。ストレスを解消するには、やはり気分転換が最適ですよね。仕事が休みの日にごろごろするのもいいですが、何か趣味を持つのもお勧めの方法と言えます。休みの日を楽しむという事が一番の気分転換ですからね。

運動や入浴には十分気を付ける

心臓は筋肉で出来ていますので、加齢とともに弱ってくるのは自然の摂理です。若い時にフルマラソンを走れたからと言って、中高年の方がマラソン中に無理をして病院に運ばれる話はよく聞きますよね。決して無理はしてはいけません。ランニングからジョギングへとシフトしていく事が肝心です。また入浴にも気を付けなければいけません。熱いお湯は一気に血圧を上昇させてしまいます。38度から40度ぐらいのお湯で10ぐらい上がるようにしましょう。

大動脈弁狭窄症とは大動脈弁の動きが制限され血液の流れが乱れます。診断は心エコーによって行われ治療法は人工弁への交換手術になります。