レーザー脱毛を受ける前に知っておきたいこと

ムダ毛の事前の処理が必要

レーザー脱毛で永久に煩わしいムダ毛処理から解放されたいと願う女性は多いようです。クリニックを決めて申し込んで、予約日に行くだけで簡単に脱毛できると勘違いしていませんか。実はきれいに脱毛するには自分でやるべき行為がいくつもあるのです。まずはシェービングです。レーザーを当てて毛根を処理しますが、毛が伸びたままでは伸びた毛に反応してやけどの恐れがあります。それを防ぐために、施術日当日までにシェービングが必須なのです。

施術期間中のNG行為

レーザー脱毛は準備が必要なのはもちろん、期間中にしてはいけない行為がいくつかあります。その一つが日焼けです。日焼けすると肌がこんがり小麦色になりますよね。これは肌内部で黒色のメラニン色素が大量発生しているからです。つまりこの状態でレーザーを照射すると、肌内部のメラニン色素に反応してやけどの恐れがあるのです。日焼けは美肌に大敵でもあるので、施術期間中はもちろん、通常でも紫外線対策をするといいでしょう。

それなりの痛みは伴う

レーザー脱毛は永久脱毛と呼ばれます。これはそれだけ効果が高いということですが、つまりそれなりの痛みを伴うということなのです。もちろん医療機関なので場合によっては麻酔が使えますが、全てのケースで使えるわけではないですし、麻酔といっても全身麻酔をするわけではないので、特に色の黒い部分などは多少の痛みを伴うことがあります。レーザー脱毛は効果がある、すなわちそれなりに痛いとうことは覚悟した上で施術にのぞむことです。

医療レーザー脱毛は、医療機関で行うレーザーを使った脱毛ですが、最近では「減耗」と呼ばれる事が多いです。レーザーを皮膚に照射する事で、毛根の働きを弱め、次に生えてくる毛を細くする事を目的としています。