やっぱり、そこそこに腕も良くて、相性のいい先生がいい?

歯医者と患者との相性という問題

これは歯医者の場合だけに限られるものではないのでしょうが、とかく、歯医者と患者というものには相性の良し悪し、というものがあるようですね。このために、歯医者を選ぶ際には、ただ腕のいい先生というだけでなく、自分と相性のいい先生がいい、ということになる場合が少なくないのではないでしょうか?歯を治療してもらうというのは、自分の口の中をいじってもらうことになるので、相性の悪い先生では嫌で、やはり相性のいい先生がいい、という気になってしまうのでしょうか。

歯の「特殊な性格」で歯科だけが別扱いになっている?

歯科医師、すなわち歯医者というのは、他の医師とは違って、歯科医師国家資格という別扱いの資格になっているのですが、その理由も、歯というものの「特殊な性格」に由来しているのでしょうか?素人考えでは、歯科も眼科も耳鼻咽喉科も、身体の中の一部分だけを扱う医療という点で、似たようなものではないのかと思えてしまうのですが、眼科も耳鼻咽喉科も、内科や外科の医師と同じように、医師国家資格になっていて、歯科のように別扱いにはなっていません。やはり、歯というものには、何か特別な意味合いのようなものがあるのでしょうか?

患者さんをたくさん抱えている歯医者さんとは

もちろん、腕のあまりよくない歯医者にはかかりたくありませんから、運悪くそういう先生に当たってしまった場合には、早々にそこは切り上げて、別の歯医者を探すことになるでしょう。そして、今度は運良く腕もそれなりに良くて、しかも相性のいい先生に当たった場合には、その先生が自分の掛かり付けの歯医者になるでしょう。一方、そうした患者さんをたくさん抱えているような歯医者さんは、とても繁盛する歯科医院となるわけなのですね。

虫歯は、放置してしまうと悪化してしまって、痛みなどの症状を引き起こしてしまうので、恵比寿の歯医者で、虫歯はしっかり治すようにしましょう。